デジタル化がもたらすメリット


品質の保持 汎用性の拡大 データ管理の効率化

●情報をデジタル化する事により高品質のまま維持し、オリジナルデータと同精度で長期保存が可能。

●写真や書籍などの劣化しやすい紙に比べ品質を維持したまま長期保存が可能


●標準化されたデータフォーマットで作成されたデジタル情報はさまざまな環境で見る事が出来、オープンな情報として自由に流通させる事が可能。

●デジタル化された情報は用途に合わせて使い回しが可能。(ワンソース・マルチユース)


●データベースと連動する事により膨大なデジタル情報の中から必要とする情報を瞬時に取り出し、皆で共有し一元管理が可能。

●デジタル情報をデータベース化する事によりデータ更新が楽になり、常に最新情報を得る事が可能。


低コスト化 デジタル化

メリット

・文書
・画像/映像
・音声
・図面
省スペース/ペーパレス化

●必要な情報を必要な時に必要な枚数だけ自分の身近な所で出力する事によりペーパレス化を促進し、出力コストの低減が可能。

●データベースとの連動により必要な情報を瞬時に検索できる様になり、今まで費やしていた作業時間や経費の削減が可能。


●写真や書籍などのかさばる紙資料をCD−Rなどのデジタル媒体に保存する事により、元画像の劣化を防ぎ、省スペース化、ペーパレス化が可能。

●電子媒体化する事によりペーパレス化を促進し紙資源の省力化を図り、しいては森林資源の環境保全が可能。


信頼性・安全性の向上 データ編集と2次利用 容易な情報配信

●デジタル化されたデータを圧縮・セキュリティ技術と組み合わせる事により、信頼性・安全性の向上が可能。

・圧縮/復元
・暗号化
・電子透かし

●デジタル化された情報は編集・加工・複製が容易であり、2次利用が可能。

●デジタル化されたデータは、容易に他のデータ形式に変換が可能。


●デジタル化された情報はインターネットに代表されるネットワークや配信技術を使い、地域格差を気にせず情報を相互にやり取りする事が可能。

●既存の情報インフラを利用可能。


戻る