デジタル情報化に必要な要素


デジタル化技術 データ入力/登録技術 データベース技術
情報をデジタル化する事により加工・編集しやすい形式で高品質のまま維持し、再利用し、情報の汎用性を拡大する。

・フォーマット変換
・圧縮/復元
・暗号化
・バーコード化
・セキュリティ

紙などで保存していたデータを読込み、ファイル管理ソフトなどを利用しインデックス情報を付加し、後で取出し易い形式で登録する。

・読取り/スキャナ技術
・ファイリング
・インデックス化
・サムネイル化

データベースと連動する事により膨大なデジタル情報の中から必要とする情報を瞬時に取り出し、皆で共有し一元管理を可能とする。

・検索(キーワード/絞込み)
・履歴管理
・ワークフロー
・所有権/セキュリティ

オンデマンド印刷技術   情  報  


    ・文書
    ・画像/映像
    ・音声
    ・図面
保存技術
必要な情報を、必要な時に必要な枚数だけ自分の身近な所で出力可能とする。

・出力フォーマット
・プリンタ言語
・カラーマネジメント
・高速出力


写真や書籍などのかさばる紙資料をCD−Rなどのデジタル媒体に保存する事により元画像の劣化を防ぎ、省スペース化、再製化、環境保全を可能とする。

・データフォーマット(PDF/JPG/MPEG)
・CD−R/DVD
・HDD
・マイクロフィルム
・光ファイル
・紙

標準化技術 データ編集/表示技術 発信/受信/配信技術
標準化されたデジタル画像技術を用いフォーマットの統一を図り、情報の汎用性を高める。

・PDF
・JPEG2000
・DjVu
・MPEG3/4
・SVG(ScalableVectorGraphics)
・HTML/SGML/XML


デジタル化された情報を今までの印刷物と同じ様な利便性で見たい時にすぐ見れ、編集・加工して2次利用が出来る様にする。

・画像編集
・画像変換
・高速表示
・カラーマッチング


デジタル化された情報をインターネットに代表されるネットワークや配信技術を使い、地域格差を気にせず情報を相互にやり取り出来る様にする。

・インターネット
・ネットワーク
・電子メール
・ケーブルTV
・衛星通信
・無線通信
・情報家電
・携帯情報端末

戻る