節約学とは?


エネルギー お 金 時 間
限られたエネルギーを効率的に使用することによってより少ないエネルギーで大きな効果を上げることが出来るもの。

・電気 /水道/ガス
・石油/石炭
・熱/風/光
・資源循環システム(リサイクル)

毎日の生活で必要となるお金で、節約する事で効果の期待出来るもの。
 

・各種税金
・各種保険料
・各種医療費
・各種食費
・各種教育費
・各種レジャー費
・各種通信費
・各種貯蓄

人間の限られた時間を有効に使う事により、豊かな人生を送る事が出きる事。

・無理/無駄/ムラ
・通勤時間(移動時間)
・睡眠時間
・距離
・その他時間
 ->インターネット化
 -> コンピュータ化
 ->衛星、各種情報通信技術

健 康 / 食 節約学

省エネルギー
情 報
身近にある物で簡単に出来、毎日持続する事で健康を維持できる事。

・頭の体操
・体力(外部的)
・精神力(内部的)
・食感(五感)
 ・視覚/聴覚/嗅覚/
 ・味覚/触覚
->歩く/ジョギング/水泳
->マッサージ/針など


・文字/画像/音声
 ->電子データ化
 ->CD-ROM/マイクロフィルム化
 ->インターネット
 ->電子メール
 ->圧縮技術

空間/スペース/場所/住
その人その人の個性、能力、性格に合った場所を提供する事により、その人自身をより活かせる事が出来、社会貢献に寄与できる。
 

・会社組織(適材適所)
 ・人事/給与
・個人(家族)/地域
・国 /地球規模
・環境社会/循環型社会


限られた場所、空間を有効利用する事で、今までより多くの人達が効率良く使う事が出きる。



・場所/空間/距離
 ->小型/軽量/高速化
 ->電子データ化
 ->情報の圧縮化
 ->建築技術
 ->情報通信技術

今まで紙で提供していたものを電子データなど別のものに置きかえる事により、ペーパレス化を促進し、保管場所の削減、しいては森林資源の環境保護に効果が期待出来るもの。

・一般文書/図面/各種書類
・コピー
・広告/ちらし
・各種申請書類
・各種伝票類
・雑誌/本
・梱包材/包装紙/紙袋

戻る