PowerPLUSは戦略アドバイザーとITコーディネータとして、
経営とマーケティング、ITの両面の視点に立ち、経営戦略の
立案から、経営戦略を実現する為の最適なIT投資、ITの導入
・運用・課題解決までをサポートし、中小企業の皆様がITを
戦略的に活用し、経営基盤を強化するための力になります。
 
Power PLUS             
E-mail : info@powerplus-net.com
URL : http://www.powerplus-net.com/




3X3マトリクス思考法


3X3マトリクス思考 〜 見えてくる明日の形を築き上げる思考法です 〜

時間(When)と場所(Where)は誰でも共通に与えられています。しかし個人によって人生が大きく変わってくるのは何故でしょう?。  それはその人の目的(What)や存在意義などの理由(Why)が異なるからと言えます。自分を見つめ、明確な目的を持っている 人間ほど強い者はありません。

 その目的に向かって自分(Who)が、誰に対して(Whom)、いくらで(Howmuch)、どのように(How)人生を送っていくか、 仕事や物事を進めていくか? いかに明日を見える形にする設計図(企画)を描いていくかが重要となります。 そしてそれらは実際に実践できなければ意味がありません。
 

Who? What? How?
(だれが)

主役
(何を)

目的
(どのように) 

方法
Where 6W2H When
(どこで)

場所
(いつ)

時間
How much? Why? Whom?

(いくらで)


お金

 


(なぜ)


理由

 

(だれに対して)

対象


私は十数年色々な商品企画に携わってきましたが、その考え方の原点になっているのがこの3X3マトリクス思考法です。 この何のへんてつもない3X3のマス目に自分の考えている事を記述していくと、不思議なことに頭の中が整理・整頓され、 物事の本質が見えてきます。このページでは私が実際に色々と実践してきた様々な3X3マトリクス図を紹介していきたいと思います。

やり方は非常に簡単です。ある一つの事象を考える時、考える事がらを3X3のマス目の中心に記述し、 その他の8つの周辺のマス目には、その中心となる事象を解決したり、その事象の原因になっていたりする、 考えられる限りの関連する項目を、6W2Hを意識しながら埋めて行きます。 そして頭を活性化させ、その3X3マトリクス図を上下左右斜め方向(四方八方)に見つめ、それらの関係性を導き出し、 各々を一言で表現出来るタイトルを設定していきます。この3X3マトリクスの不思議な力を皆さんに感じて頂けたら幸いです。


実は昨年はじめてこの思考法を、『 マンダラート 』と呼び、思考の技術として既に体系化し、この思考技術に関する多くの書籍を発行されている 『今泉 浩晃(いまいずみ ひろあき)』氏という方がいる事を知り、大変驚き、早速マンダラMEMO学 なる本を購入し読んでみました。この本を読んで見て初めて、なぜ私がこんなに何のへんてつもない 3X3のマトリクス図に見せられたのかがはっきり分かりました。この3X3マトリックス図は、 人間の脳の思考形態そのものだったのです。その中で今泉氏は、このマンダラートこそ、 問いとその答えを導き出す思考のツールであると言っています。必見の1冊です。


3X3マトリクスシートのひな形をワード2000形式(33master.doc約34KB)で ダウンロードしたい方はここをマウスで右クリックして対象をファイルに保存してご利用ください。

3X3マトリクスシートのひな形をエクセル2000形式(3X36W2H.xls 約20KB)でダウンロードしたい方はここをマウスで右クリックして対象をファイルに保存してご利用ください。

3X3マトリクス具体例



ファイル名 内容
manda27.html もしクレームを受けたら
manda26.html 学校のネットワーク管理者に求められる役割とスキル
manda25.html 売上を上げる8つの要因
manda24.html ASPのメリット
manda23.html 学校教育における問題解決の手順
manda22.html サーバベースドコンピューティングの導入によるシステム管理コストの削減
manda21.html IT教育の観点
manda15-2.html 横浜市保土ヶ谷区男女別人口統計表
   茅ヶ崎市とほぼ同様な人工分布となっています。
manda20.html 私のパソコン教室で教えている生徒さんが書いたものです。自分のやりたいことが良くまとまっています。
manda19.html 口コミ(紹介)はどうやって起きるのか
manda18.html 業務分析フロー
kikaku05.html 問題解決の進め方
manda17.html グループウェアの分類と機能MAP
manda16.html 人類の知性は自我を中心に8つに分類できる。
manda15.html 茅ヶ崎市男女別人口統計表
    人口統計表からは色々なことが見えてきます。
manda14.html 事業企画書の書き方
manda13.html 問題解決能力とは?
manda07.html 節約学とは?
manda08.html デジタル情報化に必要な要素技術
manda09.html デジタル化がもたらすメリット
manda10.html デジタル情報管理の達人とは?
HPcreate.html このホームページを作成する時に作成した3X3マトリクス図です。
manda04.html 商品化チェックシート。商品化する時に必要な項目をまとめてあります。
manda01.html 製品戦略の立て方
manda03.html 商品企画書の書き方
manda05.html 企画の発想は全てこの6W2Hから始まります。